2018年5月20日日曜日

5期第03回練習「ドイツ語の実音表記と音楽用語を覚えよう」

◆5/20(日)に品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)の第5期第3期の練習が、立会小学校音楽室にて行われました。

♪♪♪
【第3回練習】
 ○日時:5月20日(日)09:15-12:00
 ○場所:立会小3階音楽室
 ○指導:丹羽先生(Vc)/香田先生(Tp)/栗原先生(Fl)
  サポーター:
   Vn山中さん、Va根井さん、Ob河村さん、
   Cl片山さん、Fg岡見さん、Hr影山さん/中谷さん、Pr梅内さん
 ○スケジュール
  09:15-09:30 集合/セッティング/音出し
  09:30-09:40 諸連絡
  09:40-11:10 パート練習/分奏(ドヴォ8 2楽章)
   金打(香田先生):分奏(音楽室)
   木管(栗原先生):分奏(6-1)
   弦楽器
    ●前半9:40-10:20
     Vn(山中さん/根井さ):パート練習(6-2)
     Vc(丹羽先生):パート練習(6-3)

    ●後半10:25-11:10
     弦分奏(丹羽先生):(6-2)

  11:20-11:40 オーケストラ講座(合奏用語とドイツ語音名)

  11:40-12:00 合奏(中谷さん):音楽室(ドヴォ8 2楽章)
♪♪♪

◆前半はセクションごとに分かれての練習です。
 金管セクションと打楽器は、香田先生のご指導での金打分奏、木管楽器は栗原先生のご指導での木管分奏でした。


♪♪♪

◆弦楽器は、それぞれのパートに分かれて、1st&2ndヴァイオリンは山中先生のご指導、3rdヴァイオリンは根井さん、チェロは丹羽先生のご指導によるパート練習でした。
チェロは学校行事などで二人欠席だったため、一人出席していたM君のマンツーマンレッスンとなりました。
その後弦楽器全員が集まり、山中先生と丹羽先生の弦分奏でした。

♪♪♪

◆休憩の後は、SJPOの特長の中や団長の講師によるオーケストラ講座。
 この日のテーマは2つ。
 1.ドイツ語の実音表記(音名)を覚えよう
 2.ドヴォ8の2楽章に出てくる音楽用語を覚えよう

 まず、楽器によってドレミファソラシドの調性が違うことを実際に楽器の音を出して確かめました。子どもたちはinCのみならず、トランペットのinB、クラリネットのinA、ホルンのinFと多くの種類があって驚いていました。そのためオーケストラでは共通の音名が必要ということで、ドイツ語の音名(実音)表記と日本語の音名表記のルールを学びました。

 実音表記の後は、ドヴォルザークの交響曲第8番の2楽章に出てくる音楽用語を洗い出して一つずつ覚えていきました。
 まずはdivisi.やrit.のように省略形で書かれている言葉の正式名と略称を覚えました。"molto"や"piu"のような基本的なものから、"morendo"のように速度と音量の両方にか関係する用語、さらに"poco"と"un poco"の違いなど大人も一瞬[?]と思うようなこともきちんと学んでいくのがSJPOの特長です。 

♪♪♪

◆オーケストラ講座の後は、中谷団長の下振りでの合奏となりました。
 この日は全セクションで共通して重点して練習した箇所を取り上げて、全員で確認した後に通しました。

◆たいていのジュニアオーケストラは月に3~4回の練習のところがほとんどですが、SJPOは月にわずか2回の練習のみです。ただし少ない練習時間を最大限活かすために多くの工夫がなされています。

 その一つが指導陣の練習レポートです。
毎回練習後3日以内にトレーナーやサポーターは下記の項目のレポートを指導陣掲示板にアップします。
 1.練習内容
 2.団員のみなさんへ
 3.次回の指導陣への申し送り
 4.その他(感想や練習方法や運営への希望などなんでも)

そしてそのうち、1と2の練習内容と団員へのメッセージは、練習日の一週間前までに団員掲示板にアップされ、団員には次回練習のリマインドや連絡と、団員掲示板のリンクがメーリングリストで送られ、個人練習を効率よく優先順位をつけてできるような工夫がされています。指導陣の方々や運営スタッフの手間はかかりますが、団員たちが少ない時間を最大限効果的に使える効果を挙げています。

◆また、音楽監督の長田先生と運営スタッフ、運営スタッフと指導陣の方々とのコミュニケーションも最大限風通しよく効果的にするためにも、グループチャットやSNSなどのコミュニケーションツールも最大限活用されているため、前回と違うトレーナーが指導する場合でも前回の内容や申し送りを把握できるようになっています。

♪♪♪ 

◆前回体験見学に来られたチェロのメンバーはこの日から正式入団となりました。
 またこの日も、ヴァイオリンの男子が体験見学に来られて練習に一緒に参加しました。実際に雰囲気を感じてもらいながら、オーケストラの楽しみを存分に味わってもらって、納得して仲間に加わっていただくプロセスが出来上がってきています。

 色々な方々からの要望やアドバイスを取り入れつつ、よりよりジュニアオーケストラを目指して、運営委員と指導陣一同一丸となって、きめ細かく運営していきたいとおもっておりますので、今後ともサポートのほどよろしくお願いいたします。

2018年5月7日月曜日

WEB-SJPOが60,000アクセスを達成しました

◆品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラのホームページである、WEB-SJPOですが、開設5年目に入った5月7日に60,000アクセスを達成しました。

年間活動内容や練習予定を始め、各回の練習の詳細内容、演奏動画、さらにはオーケストラ講座や楽譜ダウンロードサイトなど、色々な要望を取り入れて進化し続けてきた結果だと思います。

◆現在では、各練習ごとの指導陣の申し送り、団員が個人練習に活かせるようなフィードバックなどの情報共有としても使われるようになり、WEB経由での問い合わせは新規入団も増えてくるなど確実に結果につながっていることを実感します。



♪♪♪
◆ちなみに開設以来の切り番は下記の通りです。

   2014年04月28日・・・ホームページ開設
   2015年02月06日・・・10,000アクセス
   2015年10月23日・・・20,000アクセス
   2016年09月09日・・・30,000アクセス
   2017年04月04日・・・40,000アクセス
   2017年11月03日・・・50,000アクセス
   2018年05月07日・・・60,000アクセス

◆これからも知りたい情報、載せてほしい情報などの要望を取り入れつつ、SJPO同様、WEB-SJPOも進化していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。

2018年5月6日日曜日

5期第02回練習「長田先生の第5期初合奏」

◆GW最終日の5/6(日)に立会小学校音楽室にて、品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)の第5期第02回練習が行われました。

♪♪♪

【第2回練習】
○日時:5月6日(日)09:15-12:00
○場所:立会小3階音楽室
○指導:長田先生(指揮)/橋本先生(Vn)/丹羽先生(Vc)
 サポーター:
 Vn:山中さん・山内さん・片山さん、Va阿部さん、Cb山越さん
 Ob川又さん、Cl:横田さん、Fg岡見さん、Hr中谷さん、Tb益子さん、Pr梅内さん
 
○曲目:ドヴォルザーク:交響曲第8番第2楽章
○スケジュール
 09:15-09:30 集合/セッティング/音出し
 09:30-09:40 諸連絡
 09:40-10:40 管打分奏(長田先生)
        弦:パート練習

 10:50-12:00 合奏(ドヴォ8 2楽章)

♪♪♪
◆今回は音楽監督の長田雅人先生がいらっしゃる最初の練習となります。
前半は弦楽器はパート練習と分奏、管打楽器は長田先生の管打分奏でした。

最初に長田先生より、表記は2/4拍子で書かれてはいるが4/8拍子で指揮をされるので4拍子で数えるように教えられました。
またドヴォルザークが細かく音符の長さを書き分けているので、16分音符単位でカウントして[8分音符+8分休符]と[符点8分音符+16分休符]をきちんと区別して演奏するようにとのことでした。

♪♪♪ 

◆一方弦楽器は最初にパートごとに分かれてのパート練習でした。
 1stVnは橋本先生の指導、2ndVnは片山さんと山内さん、3rdVnは山中先生、チェロはSJPOでは初めての丹羽先生のご指導でのパート練習となりました。

2ndヴァイオリンのパート練習では、前回同様上級生が下級生にドイツ語音名を教える微笑ましい光景見られました。

♪♪♪


◆休憩後は全員音楽室に集まって、いよいよ今期初めての長田先生の合奏となりました。
 管打分奏同様に最初は4/8拍子でのカウントの仕方から始まり、音の長さを正確に演奏することを最初に意識付けられました。

 ♪♪♪

 ◆長田先生の初めての合奏が始まりました。団員たちにとってCDや映像を見るのと自分たちが演奏するのは大違いなのですが、最初はカオスのような状態を長田先生が一つずつ丁寧に解きほぐして組み直していくと少しずつ曲になってくるのが感動的です。
 合奏で長田先生から様々な指示やアドヴァイスがありますが、特にはじめての団員は楽譜に書き込む習慣もやり方もわかりません。そうした時にトレーナーやサポーターだけでなく先輩団員たちが横からすっと教えてあげることで、初合奏でもある程度スムーズな合奏になっていました。

♪♪♪
◆あっという間に一時間あまりの密度の濃い合奏が終わりました。新団員だけでなく、今までの団員もかなり手応えがあり楽しかったようです。

 さらに楽しい演奏をするためには、いかにきちんと個人練習もして準備をして合奏に臨むかにかかっています。SJPOの練習時間は楽器の練習をする場でも個人レッスンを受ける場でもなく、合わせ方や音楽の作り方を学ぶ場です。今日は楽しかった一方で課題もたくさん見つかりました。先生方からのアドヴァイスをもとにきっちり練習をして次回の練習に臨みましょう。
♪♪♪


2018年4月15日日曜日

5期第01回練習「結団式・オーケストラの基礎」

◆4/15(日)に、品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)の第5期最初の練習が立会小音楽室にて行われました。

[SJPO第5期第1回練習]
 ○日時:2018年4月15日(日) 9:15-12:00
 ○場所:立会小学校3階音楽室
 ○指導:
  [トレーナー]
  橋本先生(Vn)/小神野先生(Va)/浅井先生(Vc)/栗原先生(Fl)
  [サポーター(敬称略)]
  Vn山内・中谷奏/Fg岡見/Hr中谷克/Tb益子/Pr梅内 

 ○練習曲:ドヴォルザーク交響曲第8番より第2楽章
 ○スケジュール
 09:15集合
 09:15-09:30 セッティング/音出し
 09:30-10:00 諸連絡/結団式/課題曲鑑賞
 10:00-11:15 パート練習/分奏[ドヴォ8(2楽章)]
 11:20-12:00 オーケストラ講座/ミニ合奏

♪♪♪

◆最初に、今期の初回練習ということで、結団式が行われ、団員全員の自己紹介、トレーナーやサポーターの紹介がありました。
 新たに6名の新メンバーも加わり、特に初参加のメンバーは緊張した面持ちでしたが、アットホームな雰囲気に拍手や笑い声のあふれる結団式となりました。
♪♪♪ 
◆結団式が終わると全員で最初の課題曲である、ドヴォルザーク作曲交響曲第8番の第2楽章の一部を全員で聴いて、改めて取り組む気持ちが湧いてきたようです。

◆その後各パートやセクションに分かれて早速新曲の練習が始まりました。木管楽器は今年初めてご指導いただくフルートの栗原先生によるパート練習のあと木管分奏となりました。金管は中谷団長の分奏、打楽器は梅内さんの指導でのパート練習でした。

◆弦楽器はヴァイオリンが3パートとチェロに分かれてのパート練習です。
 1stヴァイオリンは橋本先生、2ndヴァイオリンは山内さん、3rdヴァイオリンは小神野先生と中谷奏さん、そしてチェロは今回初めてご指導いただく浅井先生のご指導によるパート練習でした。

 ちなみに3rdヴァイオリンはSJPOの特長でもありますが、ヴィオラの団員がいないのでヴィオラパートをヴァイオリン用に書き換えた3rdAパートと、初級者でも弾けるように3rdAをさらに簡略化した3rdBパートに分かれます。この3rdヴァイオリンAとBパートとビオラパートは一緒に弾いてきちんと重なるように書き換えてあります。

 また2ndヴァイオリンのパート練習では、上級生が新入団員や下級生に楽譜の書き込みの仕方を教えるなどだんだん団員内でもオーケストラ知識の共有がされるようになってきたところに、団員たちの成長を感じられます。

 ◆パート練習を終えるとそれぞれ分奏となりました。
 木管は、栗原先生の指導での初めての木管分奏となりました。

 弦楽器は橋本先生の弦分奏でした。人数も増えてきて弦分奏だけで教室がいっぱいになってきました。初めてのメンバーも最初は緊張しながらも練習が進むにつれ、すぐに馴染んでくるのは子どもたちの素晴らしさですね。

♪♪♪

◆休憩を挟んで、中谷さん講師によるオーケストラ講座の時間です。今期最初の講座はオーケストラの基礎ということで、オーケストラで使われる主な楽器とオーケストラでの楽器配置について学びました。

 楽器は同じ仲間でも例えばヴァイオリンとヴィオラ、ピッコロとフルートを並べて実際に比べてみたり、音を出して音色の違いを聴いたり管楽器の楽器によっての音の出し方を比べたりしました。初めて色々な楽器に触れるメンバーにとってはかなり刺激的で楽しかったようです。
 そして楽器の並び方や、楽器ごとの首席奏者(トップ)の位置がどうなっているかなどを学びました。演奏だけでなく、オーケストラを総合的に学べるのもSJPOの特色です。


♪♪♪
◆オーケストラ講座の後はいよいよお待ちかねの合奏の時間です。
今期新たに加わったメンバーにとっては、生まれて初めての合奏となりますので、期待と緊張の混ざった雰囲気で始まりました。


 少しゆっくりめのテンポでしたが、パート練習と分奏で重ねてきた練習と、要所要所でトレーナーやサポーターの指導陣が適切にかつ細やかにサポートすることで、初回練習としては、意外と(!)進んでいきました。
全体の合奏を妨げないようにそれぞれの指導陣が最小限で適切にフォローするのは実は難しいことなのですが、SJPOの指導陣は見事なチームワークで合奏をサポートしていきます。
 

◆20分あまりの合奏だったので全体を通した後は、2,3箇所のポイントを取り出してをあわせただけでしたが、初参加のメンバーにとってはもちろん、継続団員たちにとっても新曲の2楽章が本当に楽しかったようです。
また人数も増えて音楽室が手狭に感じられるようにすらなってきました。

◆練習後には、初めて加わったメンバーたちもすっかり友達同士になって仲良く話しているのはオーケストラの持つ魅力の一つですね。休憩時間や練習前後のおしゃべりも本当に楽しそうです。オーケストラを通じて一生の友だちがきっとできることと思います。

次回は長田先生の合奏です。しっかり練習してきて今期もさらに楽しいオーケストラの時間を皆で味わいましょう。