2017年11月3日金曜日

WEB-SJPO 50,000アクセス突破しました!

◆2014年4月末にホームページを立ち上げ、3年半が経ちましたが、アクセス数が50,000hitを超えました。

◆ちなみに開設以来の切り番は下記の通りです。
   2014年04月28日・・・ホームページ開設
   2015年02月06日・・・10,000アクセス
   2015年10月23日・・・20,000アクセス
   2016年09月09日・・・30,000アクセス
   2017年04月04日・・・40,000アクセス
   2017年11月03日・・・50,000アクセス

◆予定や活動内容、練習や本番の様子の舞台裏の雰囲気、さらには団員向けの練習ポイントや指導陣同士の情報共有などもが伝わるような開かれたWEBを目指しています。

 今期は、新たに「オーケストラ講座」のカテゴリを新設して、普段の練習でのオーケストラ講座の内容をまとめたものもアップし始めるなどより一層の充実を目指しています。
  
◆今後とも、知りたい情報、載せてほしい情報などの要望を取り入れつつ、SJPO同様、WEB-SJPOも進化していきたいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします。


2017年10月15日日曜日

4期第11回練習 [ドヴォルザーク交響曲第8番を知ろう]

◆10/15(日)に品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)の第4期第11回の練習が立会小学校音楽室にて行われました。
♪♪♪
【第11回練習】
〇日時:2017年10月15日(日)09:15-12:00
〇場所:立会小3階音楽室
〇指導:篠原先生(木管)/橋本先生(弦)
 サポーター:
 Vn山内さん・片山さん/Vc杉本さん/Hr中谷さん/Tb益子さん/Pr梅内さん
  
〇内容:分奏/オーケストラ講座/合奏

〇スケジュール
 09:15-09:30 集合/準備/セッティング
 09:30-09:35 諸連絡
 09:35-11:00 分奏(ドヴォルザーク交響曲第8番第1楽章)
  音楽室:打楽器(梅内さん)
  6-1:木管(篠原先生)
  6-2:金管(中谷さん)
  6-3:チェロ(杉本さん)
  5-1:1stVn(山内さん)
  5-2:2ndVn(橋本先生)
  5-3:3rdVn(片山さん)

 11:10-11:30 オーケストラ講座(ドヴォ8を知ろう)
 11:30-12:00 合奏(ドヴォルザーク交響曲第8番第1楽章)
♪♪♪
◆今回から、12/23(土祝)に開催される品川区の第九イベントで演奏するドヴォルザークの交響曲第8番の第一楽章の練習が始まりました。前半は各セクションに分かれての分奏でした。木管楽器は篠原先生の分奏です。

◆打楽器は梅内さんご指導でのパート練習でした。

 ◆金管楽器は中谷さんによる分奏で基礎練習を20分ほどやった後に、交響曲の練習となりました。休憩時間などのちょっとした合間に団員同士でチェックしあって合わせているところに成長を感じます。

◆弦楽器はパート練習の後、橋本先生による弦分奏でした。人数も増えてきて教室が手狭に感じられるようになってきました。
♪♪♪ 
◆休憩をはさんで、中谷さん講師のオーケストラ講座となりました。今回のテーマはドヴォルザークの交響曲第8番の作曲された背景についてでした。まず当時のドヴォルザークの状況を確認した後に、ずっと楽譜を出版してきたジムロック社と仲が険悪になっていってロンドンのノヴェロ社から交響曲第8番が出版されたことを学びました。その結果この曲に以前には「イギリス」という副題がついていたことなどにも触れられました。

その後、ミニ合奏となりました。今までSJPOが練習してきた管弦楽曲の小品と違い、やはり構成も大きく曲も長いので、全体像をとらえるのが大変なようでしたが、パートごとの細かい練習のおかげもあって、まだまだながら少しずつ曲になってきました。

◆まだ演奏するのに精いっぱいで他のパートを聴く余裕がないので、それぞれのフレーズで、まずはどこがメロディを演奏しているのかを聴くことを心掛けました。

◆もっと皆が曲を聴きこんで練習することはもちろんのことですが、スコアをみながらメロディだけでなくリズムはどこが担当しているのか、自分と同じ動きをしているパートはどこか、なども意識して演奏できるようになると良いですね。

2017年10月1日日曜日

品川区民芸術祭2017「しながわ物語演奏会」出演

10月1日(日)にきゅりあん大ホールで開催された品川区民芸術祭2017の関連事業「しながわ物語」公演に品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)が出演しました。

【品川区民芸術祭2017関連事業 組曲「しながわ物語」演奏会】
 ●日時:10月1日(日) 開場14:00 開演14:30
 ●会場:大井町きゅりあん8F大ホール
 ●指揮:長田雅人
 ●出演:品川区民管弦楽団、しながわ物語区民合唱団
     品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO) 他
 ●料金:全席指定  500円
 ●曲目:小川 寛興:組曲「しながわ物語」より抜粋
 ●SJPO演奏曲目:
   A.ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第一番ハ長調Op46-1
   J.パッヘルベル:カノン(SJPO管弦楽版 木内涼編)

♪♪♪

◆SJPOにとっては今年度初めての演奏会となります。したがって今期入団したメンバーたちにとっては、初めてのコンサートホールでの演奏会となりますので、控室では演奏できる期待感と緊張感の混じった雰囲気が漂いました。

◆9/10(日)の前回練習から時間が空いたこともあり、ステージリハーサルは久しぶりの長田先生の音楽にとまどいながらも、少しずつ音楽に乗って演奏できるようになってきました。

♪♪♪
◆リハを終えた後は、雰囲気にも慣れてきて少し自信がついてきたのか、本番前の舞台袖などはだいぶほぐれつつも良い緊張感に包まれてきました。控室から舞台袖に向かうメンバーたちの表情はかなり明るくなっていました。

◆チェロパートも人数が増えて充実してきましたね。

◆ダブルリードの演奏サポーターの方々もしっかりサポートしてくださいました。

◆控室は大きな中会議室を割り当てていただき、アットホームな雰囲気で本番を待つことができました。

♪♪♪
◆そしていよいよ本番を迎えました。パッヘルベルのカノンを木内涼氏がSJPOのためにオーケストラアレンジをしてくださったのですが、本番の集中力は見事で、あたかもこれがオリジナルであるかのように感じられる素晴らしい演奏となりました。

◆2曲目のドヴォルザークのスラヴ舞曲第一番も全体的に頑張りましたが、最後の長田先生の急激なアッチェルランドについていけたメンバーと乗り遅れてしまったメンバーといました。このあたりは、楽譜にかじりつかず指揮をきちんとみてアンサンブルをしっかりしていくという次回への課題となりましたが、全体的には熱く練習の成果をだしきった良い演奏となりました。

◆終演直後の舞台袖で、長田先生を囲んで一枚。

♪♪♪
◆SJPOの出演する前半第一部が終わり、休憩をはさんで組曲「しながわ物語」の公演をメンバーは客席で鑑賞しました。組曲「しながわ物語」の作曲家である小川寛興先生は、このSJPOの創設にあたってご尽力くださり、初代団長としてまさしくSJPOの生みの親となってくださった方です。残念ながら公演目前の7月にお亡くなりになられてしまいましたが、天国から今日の演奏会を聴かれて喜んでくださったことでしょう。

第2部の最後のアンコールとしては、やはり小川寛興先生の作曲された「たびだちの時」を客席の聴衆も含めた全員で歌いました。サビの部分の「Love and Peace」の歌詞のところでは、全員で振り付けをしながら歌い、会場全体が一体となった感動的なアンコールとなりました。

◆SJPOメンバーも、アンコールはもちろん客席から歌と踊りで参加しました。終演後も余韻醒めやらぬところで、「Love and Peace」の記念撮影でした。

◆終演後に、出演者が集まり指揮者やご指導くださった先生方からの講評があって、イベントが終了しました。SJPOのメンバーにとっては、収穫も課題も多い演奏会となりましたが、きっとこの素晴らしい経験がメンバーたちを一回り成長させてくれることと思います。

◆次回の本番は12/23(土祝)に同じきゅりあん大ホールで開催される第九イベントでの演奏会で、演奏曲もSJPOとしては初めての交響曲となります。それまでにしっかり基礎技術や、アンサンブルの練習を積み重ねて、さらにレベルアップした演奏を目指していきましょう。

2017年9月25日月曜日

後期団員募集パンフが出来上がりました

◆品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)の活動は、前期(4-9月)と後期(10月-翌年3月)の二期制となっています。

そして10月からの後期団員募集が始まりました。今回はデザインを一新した団員募集パンフレットを作成しました。

ぜひとも色々なところで宣伝や楽器を演奏される児童生徒にご紹介していただければありがたいです。



◆より多くの方々にご参加いただいて、さらなる発展を目指していきたいと思います。

2017年9月10日日曜日

4期第10回練習 [しながわ物語本番に向けて]

9/10(日)に立会小学校音楽室にて、SJPOの練習が行われました。

【SJPO第4期第10回練習】
◆日時:2017年9月10日(日)09:15-12:00
◆場所:立会小3階音楽室
◆指導:長田先生(指揮) 香田先生(木管)/橋本先生(弦)
    Vn山中さん/中谷奏さん Va根井さん Vc杉本さん Cb山越さん
    Ob田中千さん Fg城所さん Hr中谷さん Tb益子さん Pr梅内さん
◆内容:分奏/合奏
◆スケジュール
 09:15-09:30 集合/準備/セッティング
 09:30-09:35 諸連絡
 09:35-10:40 分奏(カノン→スラヴ舞曲)
 10:50-12:00 合奏(スラヴ舞曲→カノン)
♪♪♪
◆前半は分奏。
 弦楽器は長田先生の指導での弦分奏でした。

◆金管セクションは、トレーナーの香田先生のご指導での分奏でした。

◆木管セクションは田中さんの指導による、木管分奏でした。オーボエとファゴットが入ると曲の雰囲気もかなりつかみやすくなります。

♪♪♪
◆休憩をはさんで、長田先生の合奏となりました。夏のワークショップの内容を踏まえて皆が曲に慣れてきたこともあり、改めて本番用のテンポでの練習となりました。

◆ワークショップの後半2日間は、長田先生がお休みされていて久しぶりの先生のテンポに最初はとまどいもあったようですが、練習の最後には長田先生の音楽についていくようになってきました。

◆次回はいよいよ10月1日(日)の品川区の音楽イベント「しながわ物語」の本番です。コンサートホールでの演奏が初体験のメンバーも多く、わくわくドキドキの演奏会となると思います。まだ時間はあるので、今日の練習をもとにしっかり個人練習を重ねて、悔いを残さない本番となることを期待しています。


2017年9月3日日曜日

4期第09回練習 [スラヴ舞曲集をもっと深く理解しよう]

◆9月3日(日)に夏休明け最初の練習が立会小学校にて行われました。


【SJPO第4期第9回練習】
◆日時:2017年9月3日(日) 09:15-12:00
◆場所:立会小音楽室
◆指導:篠原先生/小神野先生
    Vn山内さん/山中さん/Va根井さん/Hr中谷さん/Tb益子さん/Pr梅内さん
◆内容
 09:15-09:30 セッティング/音出し
 09:30-09:35 諸連絡
 09:40-11:10 分奏
 11:20-11:40 オーケストラ講座「スラヴ舞曲の作曲の背景」
 11:40-12:00 合奏(カノン、スラヴ舞曲第一番)




◆前半は各パートやセクションに分かれての練習でした。
 打楽器は音楽室で梅内さんの指導によるパート練習でした。
 基礎練習に始まって合わせ方から曲の練習までみっちり行いました。

◆木管楽器は篠原先生の分奏。夏のワークショップで取り組んだことをもとにさらに細かく詰めていきました。

◆3rdヴァイオリンは小神野先生のパート練習でした。ワークショップまではあまり弾けなかったメンバーたちが少し自信をつけて一回りたくましくなってきたように感じられました。

◆2ndヴァイオリンは山中先生のパート練習。ただ弾けば良いというのではなく、どういう気持ちで音を出したら良いのか、他のパートとが何をしていて自分たちの役割は何かというところまで意識しての練習でした。

◆1stヴァイオリンは山内さんによるパート練習でした。メロディとしてオケを引っ張るところと、他のパートの支えになるところを意識していきます。どのパートもこの夏のワークショップを経て、合奏ということが少しずつですが意識に定着し始めてきているように思えます。

◆金管楽器は、前半が中谷さんによる基礎練習、後半が益子さんによるドヴォルザークの金管分奏でした。金管楽器は他のセクションに比べて音が大きく、音符も少ないので、常にアタックやハーモニーなどを強く意識し続けなければならないので、他セクションに比べて必然的に基礎練習の占める割合が高くなります。

♪♪♪

◆休憩をはさんで、中谷団長によるオーケストラ講座となります。この日のテーマはスラヴ舞曲とカノンの作曲された背景や曲の特徴などを学びました。ドヴォルザークではスラブ舞曲集に実際に使われている舞曲のフリアントのリズムなどを理解することで、より高いレベルの演奏に繋がっていきます。

◆その後、下振りの合奏となりました。夏のワークショップからまだ2週間ということで、集中して練習したことが身についてきているようです。

◆今年の特徴として、ヴァイオリンに中学生の男子団員が増えて雰囲気も変わってきました。練習の合間も友達同士本当に楽しそうです。

♪♪♪

◆来週10日の次回練習は長田先生の合奏となります。今までは音楽室や五反田文化センターなどそれほど広い会場で演奏してこなかったのですが、10月1日はきゅりあん大ホールでの本番となりますので、ホールにきちんと響かせる演奏しなければなりません。

今まで練習してきたことをもとに、大ホールで演奏できる貴重な機会ですので、集中して楽しんで演奏できると良いですね。