2017年10月1日日曜日

品川区民芸術祭2017「しながわ物語演奏会」出演

10月1日(日)にきゅりあん大ホールで開催された品川区民芸術祭2017の関連事業「しながわ物語」公演に品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)が出演しました。

【品川区民芸術祭2017関連事業 組曲「しながわ物語」演奏会】
 ●日時:10月1日(日) 開場14:00 開演14:30
 ●会場:大井町きゅりあん8F大ホール
 ●指揮:長田雅人
 ●出演:品川区民管弦楽団、しながわ物語区民合唱団
     品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO) 他
 ●料金:全席指定  500円
 ●曲目:小川 寛興:組曲「しながわ物語」より抜粋
 ●SJPO演奏曲目:
   A.ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第一番ハ長調Op46-1
   J.パッヘルベル:カノン(SJPO管弦楽版 木内涼編)

♪♪♪

◆SJPOにとっては今年度初めての演奏会となります。したがって今期入団したメンバーたちにとっては、初めてのコンサートホールでの演奏会となりますので、控室では演奏できる期待感と緊張感の混じった雰囲気が漂いました。

◆9/10(日)の前回練習から時間が空いたこともあり、ステージリハーサルは久しぶりの長田先生の音楽にとまどいながらも、少しずつ音楽に乗って演奏できるようになってきました。

♪♪♪
◆リハを終えた後は、雰囲気にも慣れてきて少し自信がついてきたのか、本番前の舞台袖などはだいぶほぐれつつも良い緊張感に包まれてきました。控室から舞台袖に向かうメンバーたちの表情はかなり明るくなっていました。

◆チェロパートも人数が増えて充実してきましたね。

◆ダブルリードの演奏サポーターの方々もしっかりサポートしてくださいました。

◆控室は大きな中会議室を割り当てていただき、アットホームな雰囲気で本番を待つことができました。

♪♪♪
◆そしていよいよ本番を迎えました。パッヘルベルのカノンを木内涼氏がSJPOのためにオーケストラアレンジをしてくださったのですが、本番の集中力は見事で、あたかもこれがオリジナルであるかのように感じられる素晴らしい演奏となりました。

◆2曲目のドヴォルザークのスラヴ舞曲第一番も全体的に頑張りましたが、最後の長田先生の急激なアッチェルランドについていけたメンバーと乗り遅れてしまったメンバーといました。このあたりは、楽譜にかじりつかず指揮をきちんとみてアンサンブルをしっかりしていくという次回への課題となりましたが、全体的には熱く練習の成果をだしきった良い演奏となりました。

◆終演直後の舞台袖で、長田先生を囲んで一枚。

♪♪♪
◆SJPOの出演する前半第一部が終わり、休憩をはさんで組曲「しながわ物語」の公演をメンバーは客席で鑑賞しました。組曲「しながわ物語」の作曲家である小川寛興先生は、このSJPOの創設にあたってご尽力くださり、初代団長としてまさしくSJPOの生みの親となってくださった方です。残念ながら公演目前の7月にお亡くなりになられてしまいましたが、天国から今日の演奏会を聴かれて喜んでくださったことでしょう。

第2部の最後のアンコールとしては、やはり小川寛興先生の作曲された「たびだちの時」を客席の聴衆も含めた全員で歌いました。サビの部分の「Love and Peace」の歌詞のところでは、全員で振り付けをしながら歌い、会場全体が一体となった感動的なアンコールとなりました。

◆SJPOメンバーも、アンコールはもちろん客席から歌と踊りで参加しました。終演後も余韻醒めやらぬところで、「Love and Peace」の記念撮影でした。

◆終演後に、出演者が集まり指揮者やご指導くださった先生方からの講評があって、イベントが終了しました。SJPOのメンバーにとっては、収穫も課題も多い演奏会となりましたが、きっとこの素晴らしい経験がメンバーたちを一回り成長させてくれることと思います。

◆次回の本番は12/23(土祝)に同じきゅりあん大ホールで開催される第九イベントでの演奏会で、演奏曲もSJPOとしては初めての交響曲となります。それまでにしっかり基礎技術や、アンサンブルの練習を積み重ねて、さらにレベルアップした演奏を目指していきましょう。

2017年9月25日月曜日

後期団員募集パンフが出来上がりました

◆品川ジュニアフィルハーモニーオーケストラ(SJPO)の活動は、前期(4-9月)と後期(10月-翌年3月)の二期制となっています。

そして10月からの後期団員募集が始まりました。今回はデザインを一新した団員募集パンフレットを作成しました。

ぜひとも色々なところで宣伝や楽器を演奏される児童生徒にご紹介していただければありがたいです。



◆より多くの方々にご参加いただいて、さらなる発展を目指していきたいと思います。

2017年9月10日日曜日

4期第10回練習 [しながわ物語本番に向けて]

9/10(日)に立会小学校音楽室にて、SJPOの練習が行われました。

【SJPO第4期第10回練習】
◆日時:2017年9月10日(日)09:15-12:00
◆場所:立会小3階音楽室
◆指導:長田先生(指揮) 香田先生(木管)/橋本先生(弦)
    Vn山中さん/中谷奏さん Va根井さん Vc杉本さん Cb山越さん
    Ob田中千さん Fg城所さん Hr中谷さん Tb益子さん Pr梅内さん
◆内容:分奏/合奏
◆スケジュール
 09:15-09:30 集合/準備/セッティング
 09:30-09:35 諸連絡
 09:35-10:40 分奏(カノン→スラヴ舞曲)
 10:50-12:00 合奏(スラヴ舞曲→カノン)
♪♪♪
◆前半は分奏。
 弦楽器は長田先生の指導での弦分奏でした。

◆金管セクションは、トレーナーの香田先生のご指導での分奏でした。

◆木管セクションは田中さんの指導による、木管分奏でした。オーボエとファゴットが入ると曲の雰囲気もかなりつかみやすくなります。

♪♪♪
◆休憩をはさんで、長田先生の合奏となりました。夏のワークショップの内容を踏まえて皆が曲に慣れてきたこともあり、改めて本番用のテンポでの練習となりました。

◆ワークショップの後半2日間は、長田先生がお休みされていて久しぶりの先生のテンポに最初はとまどいもあったようですが、練習の最後には長田先生の音楽についていくようになってきました。

◆次回はいよいよ10月1日(日)の品川区の音楽イベント「しながわ物語」の本番です。コンサートホールでの演奏が初体験のメンバーも多く、わくわくドキドキの演奏会となると思います。まだ時間はあるので、今日の練習をもとにしっかり個人練習を重ねて、悔いを残さない本番となることを期待しています。


2017年9月3日日曜日

4期第09回練習 [スラヴ舞曲集をもっと深く理解しよう]

◆9月3日(日)に夏休明け最初の練習が立会小学校にて行われました。


【SJPO第4期第9回練習】
◆日時:2017年9月3日(日) 09:15-12:00
◆場所:立会小音楽室
◆指導:篠原先生/小神野先生
    Vn山内さん/山中さん/Va根井さん/Hr中谷さん/Tb益子さん/Pr梅内さん
◆内容
 09:15-09:30 セッティング/音出し
 09:30-09:35 諸連絡
 09:40-11:10 分奏
 11:20-11:40 オーケストラ講座「スラヴ舞曲の作曲の背景」
 11:40-12:00 合奏(カノン、スラヴ舞曲第一番)




◆前半は各パートやセクションに分かれての練習でした。
 打楽器は音楽室で梅内さんの指導によるパート練習でした。
 基礎練習に始まって合わせ方から曲の練習までみっちり行いました。

◆木管楽器は篠原先生の分奏。夏のワークショップで取り組んだことをもとにさらに細かく詰めていきました。

◆3rdヴァイオリンは小神野先生のパート練習でした。ワークショップまではあまり弾けなかったメンバーたちが少し自信をつけて一回りたくましくなってきたように感じられました。

◆2ndヴァイオリンは山中先生のパート練習。ただ弾けば良いというのではなく、どういう気持ちで音を出したら良いのか、他のパートとが何をしていて自分たちの役割は何かというところまで意識しての練習でした。

◆1stヴァイオリンは山内さんによるパート練習でした。メロディとしてオケを引っ張るところと、他のパートの支えになるところを意識していきます。どのパートもこの夏のワークショップを経て、合奏ということが少しずつですが意識に定着し始めてきているように思えます。

◆金管楽器は、前半が中谷さんによる基礎練習、後半が益子さんによるドヴォルザークの金管分奏でした。金管楽器は他のセクションに比べて音が大きく、音符も少ないので、常にアタックやハーモニーなどを強く意識し続けなければならないので、他セクションに比べて必然的に基礎練習の占める割合が高くなります。

♪♪♪

◆休憩をはさんで、中谷団長によるオーケストラ講座となります。この日のテーマはスラヴ舞曲とカノンの作曲された背景や曲の特徴などを学びました。ドヴォルザークではスラブ舞曲集に実際に使われている舞曲のフリアントのリズムなどを理解することで、より高いレベルの演奏に繋がっていきます。

◆その後、下振りの合奏となりました。夏のワークショップからまだ2週間ということで、集中して練習したことが身についてきているようです。

◆今年の特徴として、ヴァイオリンに中学生の男子団員が増えて雰囲気も変わってきました。練習の合間も友達同士本当に楽しそうです。

♪♪♪

◆来週10日の次回練習は長田先生の合奏となります。今までは音楽室や五反田文化センターなどそれほど広い会場で演奏してこなかったのですが、10月1日はきゅりあん大ホールでの本番となりますので、ホールにきちんと響かせる演奏しなければなりません。

今まで練習してきたことをもとに、大ホールで演奏できる貴重な機会ですので、集中して楽しんで演奏できると良いですね。


2017年8月20日日曜日

第5回ジュニアオーケストラ入門講座 第3日目

◆8/20(日)に五反田文化センターにて、夏のワークショップ「第5回ジュニアオーケストラ入門講座」最終日が開催されました。
♪♪♪

【2017夏のワークショップ:第5回ジュニアオーケストラ入門講座:第3日目】 
 〇日時:2017年8月20日(日)13:30-16:00
 〇場所:五反田文化センター 第2スタジオ
 〇指導:講師/指揮:中谷 克彦団長
     トレーナー:篠原 梨恵先生(木管)/香田 英佑先生(金管)
           橋本侑里映先生(弦) /小神野りえ先生(弦)
 〇スケジュール
           13:00-13:30 受付/音出し
           13:30-13:35 諸連絡
           13:40-15:00 G.P.(ゲネラル・プローベ)  [中谷団長]
                     講座「演奏会の心得」    [中谷団長]
           15:20-15:40 成果発表演奏会    [指揮:中谷団長]
             A.ドヴォルザーク:スラヴ舞曲第一番ハ長調作品46-1
             J.パッヘルベル:カノン(SJPO管弦楽版 木内涼編)
           15:40-16:00 閉講式/記念撮影
♪♪♪

◆ワークショップも最終日となりました。わずか9日前に初めて会ってこの日で3日目ですが、参加メンバー同士、ずっと前からの友達のように仲良くしている様子はオーケストラという共通言語を持つからこそでしょうか。

 ◆最終日のこの日は最後に3日間の成果発表の演奏会が控えることもあり、すぐに緊張した面持ちでぎりぎりまでさらう姿が見られました。中高生はもちろんのこと小学校低学年の子供たちまで、時間外でも集中してさらっているのは素晴らしいことですね。

♪♪♪
◆諸連絡の後、最初は中谷団長が講師でのオーケストラ講座です。この日は「演奏会の心構え」ということで、コンサートでのオーケストラでの楽器の並び方、首席奏者の位置、そしてオーケストラでの合わせ方を最初に学びました。

◆その後、お客様に聴いてもらうというのはどういうことか、そのために何を心掛けるべきなのか、そして聴いていただくためのステージマナーを学びました。

◆講座に続いて、合奏となりました。この日は中谷団長が長田先生の代役で指揮者を務められました。カノンの合奏ではカノンとはどういうものか、2小節ごとに出てくるメロディをどうとらえるか、また伴奏に回ったときにどう演奏するかを確認していきました。また全員で一緒に演奏してみることで、他の楽器を聴きながらアーティキュレーションを揃えるのを意識していきました。


 ◆その後、スラヴ舞曲の合奏なので、パートが変わる人たちはさっと移動しなくてはなりません。こうした動きも緊張感をもってスムーズに行うのも練習です。

◆カノンもスラブ舞曲も打楽器は大活躍ですが、その分、集中してオーケストラを支えなくてはならないので責任重大です。

◆スラヴ舞曲ではボヘミアの舞曲であるフリアントのリズムを意識しつつ、3拍子のフレーズと演奏し分けることを意識しました。速い3拍子は手強く最初はかなり苦労していましたが、トレーナーやサポーターの指導のおかげで少しずつ慣れてきました。

♪♪♪
◆その後、コンミス入場からチューニング、演奏前後の所作などを練習していよいよ成果発表会の本番を迎えました。演奏技術はもちろんのこと、集中して良い姿勢で良い表情で演奏しているメンバーが多かったのも成長を感じました。

◆そしてわずか3日間の集中講座でしたが、練習した成果を存分に発揮して、本番も集中して聴衆の方々に心を込めて一所懸命演奏して聴いていただくということができたと思います。ステージマナーやお辞儀などの所作もきちんとできて、素晴らしいコンサートとなりました。

◆演奏会が終わると、閉講式で先生方の講評をいただき、最後は全員で記念撮影をしました。このワークショップはケーブルテレビ品川の取材も入り、最初はテレビカメラが気になる子もいましたが、最終日はカメラが近寄っても気が散ることもなく集中して演奏に臨めました。何より参加メンバーの子たちのこの表情が、練習から本番まで全力で十分やりきって楽しむことができたことを表していますね。

◆充実感と一抹の寂しさを感じつつ、三日間のワークショップを無事終えることができました。子供たちの頑張りはもちろんのこと、辛抱強くきめ細かくご指導してくださった指揮者やトレーナー、演奏サポーターの皆様、そして裏方も含めてずっとサポートしてくださった保護者の皆様には本当に心より感謝いたします。

◆このワークショップの成功に向けて、スタッフ/指導陣/保護者/参加した子供たちが皆一丸となって取り組み、そして見事大成功を収めたことは本当に幸せなことだと思います。

そしてSJPOでは、一息つく間もなく10月1日(日)にきゅりあんで開催される品川区の音楽イベント「しながわ物語」の出演にむけてまた練習が始まります。

今回は3日間のイベントとしてはひとまずの成功とはいえ、演奏としてはまだまだ練習しなければならないことは山ほどあります。一つクリアしたら次の課題を見つけてまた練習してもっとレベルの高い楽しみを追い続けることをずっと繰り返し続けることが、オーケストラの大変さでもあり、楽しさであり魔力でもあります。
さらなる高みと楽しさを目指して頑張っていきましょう。